かなまる
NEWS
ネパールでの支援活動について

ネパールの農家の子供たちに防寒着や文房具を支援!
貧困格差や教育環境の改善を目指す。

2021年1月27日、弊社とネパール国パートナー企業により、ネパールの首都カトマンズから車で8時間~9時間の場所にあるアンナプルナの学校の生徒と先生に、防寒着や文房具などを配布するプログラムを行いました。
弊社は2018年より、ネパールのコーヒー豆を輸入販売し、コーヒー農園との関りが強く存在します。
現地での雇用創出だけではなく、コーヒー農家やその子供たちへ物資を寄付するなどの支援を行うことで、子供たちが教育を受けられる環境づくりや、貧困格差を減らす活動、そこに暮らす人々が、ビジネスの話を自発的に進めて行けるような環境づくりにも取り組んでいきます。


ネパールの農家の子供たちを支援!
SDGsへの取り組み

弊社のネパール人社員が母国の子供たちに物資の支援活動を行いました。
訪れたのは、首都カトマンズから車で8~9時間の場所で近くにコーヒー農園が広がるアンナプルナです。
保育園から高等学校までの子供が集まる学校「スリー・バドゥレ・セカンダリースクール」を訪れました。
ネパールで支援活動を行っているグループから依頼があったことや、弊社で進めているコーヒー事業で関わる農園の子供たちが通っていることもあり、支援する学校を決めました。
約150名の生徒全員に防寒着を支援したほか、年齢ごとに、学校で使用するペンやノートなどの文房具、ごみ箱、絵本などの日用品も支援しました。
また、先生には日記帳とペンを届けました。
今回の支援活動は弊社のほか、コーヒー事業パートナーであるGreenland Organic farm 、プロジェクトパートナーのBABA FoundationNepal、PokharaNewRoadのロータリークラブと協力して行いました。
プレスリリースにて、さらに詳報があります。
コチラからご覧いただけます。

アンナプルナでの物資支給の様子1

アンナプルナでの物資支給の様子2

アンナプルナでの物資支給の様子3

アンナプルナでの物資支給の様子4

アンナプルナでの物資支給の様子5

本活動はヒマラヤンコーヒーの収益の一部をあてております。
ヒマラヤンコーヒーは下記にてお買い求めいただけます。

☕Himalayan Coffee オンライン販売 コチラ

☕ヒマラヤンズ仙台 オンライン販売 コチラ