かなまる
SDGsへの取り組み
sdgs
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
SDGsとは
「SDGs」とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な開発目標(SDGs)の指針に沿った企業活動を行い、持続可能な世界の実現に取り組んでいます。
株式会社 要におけるSDGsへの取り組み
当社はネパール国を対象としたアグリテック関連事業で、ネパールのコーヒー農家が生計向上できるよう貢献することを計画中です。
大目標
後発開発途上国からの脱却を目指した持続的かつ均衡のとれた経済成長への支援を行う
中目標
重点分野3 貧困削減支援および生活の質向上
小目標
開発課題3-1 農村部の生活改善
ビジネス展開を通じて期待されるSDGsとしての効果
sdgs 貧困をなくそう
1.1
1日1.25ドル未満で生活する人びとの貧困を終わらせる
1.2
あらゆる貧困状態のすべての男性・女性、子どもの割合を半減させる
sdgs 飢餓をゼロに
2.4
持続可能な食料生産システムを確保し、レジリエントな農業を実践する
2.c
食料市場の適正な機能確保のための措置を講じ、情報等への適時のアクセスを容易にする
sdgs 働きがいも経済成長も
8.2
高付加価値セクターに重点を置くことによる高いレベルの経済生産性を達成する(ネパール国内にコーヒー栽培~加工~販売(貿易)まで一貫したアグリテックシステムを導入の計画)
sdgs 産業と技術革新の基盤をつくろう
9.3
開発途上国の小規模製造業その他企業のバリューチェーンおよび市場への統合、アクセスを拡大する
sdgs つくる責任つかう責任
12.a
開発途上国に対してより持続可能な消費・生産形態促進のための科学的・技術的能力強化を支援する
ネパール訪問時に農家の子どもたちに知育玩具を直接給付
ネパールの農家を訪れた時に衝撃を感じたことがあります。
後進国であるネパールには各種ODAやボランティア団体からの支援が行われているのですが、そういった善意の寄付金などは、途中で何者かの懐におさまってしまって、回ってこないのだという声を聞きました。
当社社員のパルジャパチ・スサンはカトマンズという都会出身者であり、農家の現状を1ミリでも良くしたいと切に願っています。
「少なくとも自分たちがネパールを訪問した際には、子どもたちに文房具や玩具などをプレゼントしよう!」と決め、手渡しのプレゼントをしております。
知育玩具を直接給付している写真1
知育玩具を直接給付している写真2
知育玩具を直接給付している写真3