株式会社要

株式会社要

シェアリングエコノミーのシステム開発

シェアリングエコノミーのシステム開発

シェアリングエコノミーのシステム開発は当社にお任せください!
当社ではシェアリングエコノミーシステム開発の実績があり、お客様のニーズに合わせて柔軟な提案が可能です。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のもの含む)の貸出を仲介するサービスです。通常知らない個人間のやり取りになるため、双方の信頼に基づき貸借が成立することになり、信頼関係の担保が必要ですが、そのための情報交換などのコミュニティ機能が充実しています。
資源を有効活用するための商業サービスでは、民宿、体験のシェア、カーシェアリング、コワーキング、クラウドファンディング、クラウドソーシングなどが行われています。
利用者のメリットとしては、企業の仲介マージンが減るため以前より低料金で利用できる、もしくはスキルや物を保有しなくても利用することができること、貸与者のメリットとしては、遊休資産の有効活用による収入増があります。

シェアリングエコノミーの可能性

イギリスの大手コンサルファームPwCによると、2013年には150億ドルの市場規模だったものが、2025年には3,350億円規模にまで成長すると予測されています。
AirbnbやUberなど日本でもシェアリングエコノミーの輪はますます拡大していくと想定されます。





会社名・名前 (必須)

メールアドレス・電話 (必須)

問い合わせ内容

メッセージ本文

個人情報取扱い同意書をご確認の上、同意いただける場合は「個人情報保護方針に同意する」にチェックを入れ、お問い合わせ内容をご送信ください。
個人情報取扱い同意書に同意する

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top