株式会社要

株式会社 要

コーヒー自家農園を“小口”で実現するサービス「Coffee Farm Share」 サービス開始!

株式会社要は、高品質なコーヒー豆の生産ができるネパールの農園をコーヒー店が小口で契約し、自家農園として運営できる、コーヒー農園シェアサービス「Coffee Farm Share」をスタートさせました。

本来は、大がかりな初期投資が必要である自家農園でのコーヒー栽培を、一口、7万5000円(税別)、最小単位の敷地面積500㎡(1年/コーヒーの木:80本/コーヒー豆:約25kg)から利用することができます。初期費用は手数料3万円のみで、看板設置費用は4万5000円(共に税別)です。

アジアの国の中で“貧しい国”とされるネパール。しかし、その土地は気候や地形がコーヒーの栽培に適しており、コーヒー産業発展の大いなる可能性を秘めています。コーヒー店の「自家農園を持ちたい」という夢を叶え、高品質のコーヒー豆を日本に届けることはもちろんのこと、コーヒー産業を発展させることで、ネパールが抱えている貧困問題の改善にも取り組んでいきたいです。

Coffee Farm Shareサービス詳細はこちらのサイトをご覧ください。

10_3年コーヒーチェリー仕分け作業

 

その他のお知らせ

Return Top