株式会社要

株式会社 要

ブログ

Category
7月のKANAMEETING!「かけアイ」でブレスト!

7月のKANAMEETING!「かけアイ」でブレスト!

こんにちは。広報の寺田です! 7月19日(金曜日)に全社会、通称KANAMEETINGを行いました。 今回は気分を変えて普段とは違う会議場、 「3331 Arts Chiyoda」さんにお邪魔してきました♪ 元は中学校だった建物を利用した施設だそうで、入り口前では朝顔が育てられていたり、 中の机やいすが学校のものだった...
KANAME 9th Anniversary☆

KANAME 9th Anniversary☆

こんにちは!広報の寺田です。 7月8日で、株式会社要は9周年を迎えました!(゚∀゚ノノ゙パチパチ そして先週の土曜日に9周年を記念したパーティを行いましたので、その様子をお伝えいたします♪ (社長の田中さんとパシャリ★) パーティはお昼の12時から、AliceTokyo日本橋さんで開催されました。 そしてパーティに...
2019年4月入社の新卒社員を紹介!

2019年4月入社の新卒社員を紹介!

こんにちは、株式会社要 管理部の「ゆかっしゅ」こと清水です! 2019年4月に入職した新卒社員をご紹介します。 弊社は今年4名の新卒社員が入職致しましたっ! 北海道出身の方や看護学校出身の方、学生時代海外での生活を経て弊社に入職した学生などなど、 個性が強いメンバーばかりです! 学生時代プログラミングの勉強をしていた方...
KANAMEETINGの様子。全社会でくじ引き?!

KANAMEETINGの様子。全社会でくじ引き?!

こんにちは、広報の寺田です。 6月14日(金曜日)に全社会、通称KANAMEETINGを行いました! つねに進化し続けるKANAMEETINGでは、今回新しい試みを2つ行いましたので、 会議の様子と合わせてご紹介させていただきます♪ **** 新しい試み① 『座席をくじ引きで決める』 今回KANAMEETING運営チー...
KANAMEETINGとゴングと私

KANAMEETINGとゴングと私

初めまして、広報の寺田と申します。 5月24日(金曜日)に行われた会議、通称「KANAMEETING」について記事を書かせていただきます。 ブログは不慣れなので、温かく見守っていただけますと幸いです。m(._.)m KANAMEETINGとは、平たく言えば要で行われる『全社会』のこと! 『なーんだ、ただの全社会ね・・・...
2/19-20 日経BP社主催 【東京デジタルイノベーション2019】に出展します

2/19-20 日経BP社主催 【東京デジタルイノベーション2019】に出展します

現在日本の深刻な問題となっている「道路の老朽化による維持修繕コスト」の課題解決に向け、 北見工業大学交通工学研究室(北見市)の交通工学と、スマホアプリやシステム開発を行っている株式会社要(東京都)のIT技術を融合させ、利用者評価に直結する路面凹凸を可視化することができ、道路管理者、道路利用者を問わず路面の状態を確認でき...
かなまる LINEスタンプ第1弾 販売開始!

かなまる LINEスタンプ第1弾 販売開始!

弊社のキャラクターかなまるの公式LINEスタンプができました! 第1弾は仕事の中で使いやすいものが24種類集まっております! こちらより皆様のラインナップに加えていただけますと幸いです! https://store.line.me/stickershop/product/4176281/ja よろしくお願いいたします!
テレワーク・デイズにのっかったぞ!

テレワーク・デイズにのっかったぞ!

7/23-27のテレワーク・デイズにのっかったお話。 そもそもテレワーク・デイズってなんやねん?のかたは こちらのエントリーをご覧ください。 7/24は、 テレワーク・デイズの期間中でもメインとなる「テレワーク・デイ」なのです。 そこで、全国8拠点のテレワーク実施団体と野田総務大臣とテレワークを使ったカンファレンスが行...
雪も残るコートで

雪も残るコートで

余寒なおきびしい昨今ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 約1年程電子の波に寝かし味もマシマシ我がカナメブログが満を持して復活でございます。パチパチパチ。 我々ITでご飯を食べているので、基本的に平日は通勤時にしか体を動かさず(ようするにデスクワークの民)、健康に気をつけるとなるとどこかで運動をしなければならない…と...
8期生新人研修

8期生新人研修

はじめまして。8期生の佐々木です。 私たちが3月に(株)ウィルリンクシステム 様と合同で 北見で行った新人研修では、LINE上で動作するBotの作成を行いました。 これからリレー形式で、感想などを書いていこうと思います。 Bot作成にあたっては、DoCoMoが開発したRepl-AIというツールを用いることになりました。...
Return Top