株式会社要

株式会社要

8期生新人研修

はじめまして。8期生の佐々木です。

私たちが3月に(株)ウィルリンクシステム 様と合同で
北見で行った新人研修では、LINE上で動作するBotの作成を行いました。

1493552265046

これからリレー形式で、感想などを書いていこうと思います。

Bot作成にあたっては、DoCoMoが開発したRepl-AIというツールを用いることになりました。
これは特定の言葉に対する反応を組み合わせる(こんにちは、と話しかけるとこんにちは、と返ってくる、など)ことによって
簡単なチャットボットを作ることができるツールです。
また、同じくドコモが開発した雑談APIをパーツとして用いることができ、簡単な雑談をBotにさせることができます。
作成にはあらかじめ用意されているパーツを組み合わせるだけなので、コードを書かずに作ることができます。

Botのテーマは、「北見Bot」です。
せっかく北見に来たので、何か関係のあることをしよう、ということでこのテーマになりました。

私はその中で、Repl-AIを動作させるために必要な「シナリオ」の作成を主に担当しました。
何か北見に関係のある話をすると、それに応じた画像が返ってくる、という動きをさせたのですが、
実際に動かしてみるとそっけない…画像だけでは何のことやら。
そこで、画像だけでなく何か一言付け加えよう、ということになり、実際にやってみようとしたものの、
(人間がやるLINEもそうだと思いますが)Botは基本的に一問一答。こちらの発言一つに対して、一つしか返してくれません。

2017-04-30 20.55.45

結局、Botアカウントを作るのに用いたLINE Business Centerに標準搭載されているBot機能(こちらは本当に最低限の機能)と組み合わせる、
という力技になりました。

…というところで時間切れ。あっという間に研修最終日でした。

時間通りに物を作るって難しい…ということを実感させられました。

はじまして、8期生の遠藤です。

バトンを受け取って、研修作業については詳しく説明していただいたのでそのほかの
研修内容についての感想を書いていこうと思います。

まずはじめに北見市に着いた瞬間に思ったことが「ぜんぶ雪!寒い!」でした。東京は
そろそろ暖かくなるかなという時期だったので北海道に着いたんだ、と実感しました。

1493552221470

寒いばかりの北見市ではありませんでした。研修期間を通して思ったのは食事をどこで
なにをたべてもおいしかったことです。

1493552246822

研修期間は一軒家で他社の方々と共同生活をしていました。朝と夜、研修所で常に一緒に
行動して、まるでシェアハウスのようで貴重な体験でした。

最後に研修作業についての感想を書かせていただきます。自分は今まではPCで動画を
見るくらいでしたが、研修でLINEのBotを自分たちで制作してみてプログラミングやコードなど
ITの世界に触れて学ぶべきことがたくさんあるなと実感しました。

ABOUT THE AUTHOR

遠藤大暉

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top