株式会社要

株式会社要

WEBサイト構築の準備

おひさしぶりでございます。今回はサトマサの番でございます。
おぉ~つまらないブログを書くサトマサさんじゃないですか?
っていう想いは心の中で納めてくださいね(笑)
みなさんもう夏季休暇を取ってお休みした人やこれから旅行に
いくですよとか様々かとは思います。
ちなみにサトマサは夏季休暇を3日間頂きお休み致しました!!
休みの間はひたすらWindows server2012の構築の事やWEBアプリの
セキュリティの勉強?情報収集を朝からずっとしてご飯を食べる事を
すっかり忘れて気づいたら1日過ぎておりました。
いゃ~学生時代の悪い癖はいまだに消えないですね。

ねぇねぇ~サトマサさん?ホームページとかウェブサイトってのは
聞いたことがあるんだけどWEBアプリと何が違うの??

簡単にいってしまうと

■WEBサイトとは?
HTML/CSSという言語で書いたものをインターネット上に
公開して見てもらう場所のことをいいます。

■WEBアプリとは?
JSやPHPといったプログラミング言語を使って情報をやり取りする、
WEB上のアプリケーション・ソフトウェアを作ることです。

いきなりWEBアプリを作ろう~なんていわれても困るかと思いますので
段階を踏まえて手順をご案内したいと思います!!

インターネット上には公開するには様々な準備や時間などが必要な為
どうしてもという方には以下の準備をまずしてください。

①Hostinger 日本(http://www.hostinger.jp/web-hosting)で申し込む

②ffftpのツール(http://osdn.jp/projects/ffftp/)をダウンロードしてください。

ほとんどのサイトは広告が自分の作ったWEBサイトに混ざってしまいますが
上記のレンタルサーバでは自分のWEBサイトの中に表示されることはなく
余計な心配をすることはありません。
本当は一番お勧めのレンタルサーバを借りることができるPF-X.netを
ご紹介しようかとは思いましたがどうやら利用者が増えたせいなのか申し込みが
できなくなってしまいましたのでこちらをご紹介致しました。

外部には公開できませんが、変わりに自分でWEBサーバを構築することできます。
と言ってもあれ?すごく簡単だと思うくらい一瞬でできちゃいます!!

では、前回VMで作ったLinuxの起動をまず一番最初にしましょう!!
まさかとは思いますがパスワードを忘れ方は罰としてもう一回前回の手順を
行ってください(笑)

ログインができましたら、さぁ~早速はじめましょう!!

ちょっと待ってサトマサさん?

ログインができたけど、英語で分かりません!!

では、ここでみなさまにとっておきなプレゼント~(≧∀≦)ノ
http://www.linuxpc.pro/query?os=CentOS_6&p=advanced_settings&f=2

ピチピチ10代の頃によくお世話になっていたサイトです!!
ここを見れば一発で日本語表記になります!!

さて準備も整ったようなのでさぁ次の作業に入りましょう!!

①まずはアプリケーションをクリックすると一番下にシステムとツールが表示されます。

②システムとツールの所にマウスを移動すると右側に端末と言う文字が表示されます。

③端末をクリックします。

④管理者モード『su -』を入力してEnterを押してパスワードを入力してさらに
もう一度Enterを押します!!

⑤次に『yum -y install httpd』を入力してEneterを押します。

その際に『僕の心がどんどん病むなぁ』と呟きながらyum(ヤム)コマンドを入力しましょう(^^)

このyumコマンドは他のサーバを動かす前に必要なことなので必ず覚えといてください。

※fedora22以降はyumは非推奨になるためdnfコマンドとなります。
(http://linuxpitstop.com/install-lamp-stack-on-fedora-22/)

⑥『service httpd start』WEBサーバを起動させましょう

⑦ブラウザを立ち上げてURLに『localhost(またはhttp://localhost/)』を入力します。

⑧『Apache 2 test page』と表示されれば成功です~お疲れ様でした。

次回はHTMLを使ってWEBページを作ってみようと思います!!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top