株式会社要

株式会社要

TNM Blog 7/10

こんにちは。
Team Network Management,略して
TNMメンバーの清水 夕輝(ゆうき)と申します。

TNMメンバーで始めたblog更新も
5ヶ月目に突入しました。
まだまだ続けていきたいと思います。

さて。本日は、
簡単なネットワーク関連のお話として「pingとは」、
ごく個人的な趣味に基づいた「ニュース拾遺」、
以上の2本立てでお書きしようかと思います。
よろしくお願いします。

・pingとは?
皆さんは「ping」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
「ping」とは、プログラムのコマンドの一種で、通信相手先の
コンピュータに対してデータを送り、そのコンピュータから
反応が帰ってくるかどうかを見て、コンピュータ同士で
データの疎通が出来るかどうかを確認するコマンドです。
シンプルなコマンドですが、実際の現場でも頻繁に
活用されているコマンドです。

例えば、コンピュータAとBの間でデータがやりとりできない、
というような事態が発生した場合、まずコンピュータAから
コンピュータBに向けてpingコマンドを打ち、疎通が
出来ているかどうかを確認する場合があります。
もしpingコマンドが失敗するのであれば、ネットワークに
問題がありそうだという判断ができますし、もしpingコマンドが
成功するのであれば、別の部分、例えばソフトウェアのバグや
設定ミス等があるのではないか、という判断ができます。
このように、通信障害時の問題箇所特定(「切り分け」とも言います)に
pingコマンドを用いることがあります。

あるいは、このような使われ方もあります。
例えば、企業側のコンピュータとお客様のコンピュータを
ネットワーク回線でつないでデータをやり取りする際、
企業側でお客様のコンピュータに向けて、
何秒かの間隔でpingコマンドを使い続ける、
というような使われ方です。企業側で打った
pingコマンドに対する応答がお客様側から無かった際に
即アラームが鳴るような仕掛けを作っておけば、
企業側としてはネットワーク障害を素早く検知して
対応を進められるかと思います。いわば「鳴子」でしょうか。
このように、ネットワーク監視の手段として
pingコマンドが使われる場合もあります。

以上、ざっくりですがpingコマンドの説明でした。
ネットワーク関連の知識、引き続きこのblogで
共有していきたく思います。

(もっと勉強したい方のために:参考リンク)
http://www.k4.dion.ne.jp/~mms/unix/linux_com/ping.html
http://www.infraexpert.com/study/tcpip5.5.html

・ニュース拾遺
ここからは、ネットサーフィンをしている際に
自分のアンテナに引っかかったWebサイトの記事を、
取りとめもなくいくつか共有したいと思います。

「おろかなハッカーの記録」
http://ssquare.cocolog-nifty.com/tsubuyaki/2005/04/post_c6f5.html
生兵法は大怪我のもとですな。

「ついにGoogleの全自動運転カーが公道走行デビューを果たす」
http://gigazine.net/news/20150626-google-self-driving-car-on-road/
免許なしで運転ができる日は来るんでしょうか?

「Wi-Fi・電源無料のスペースも1席1時間単位でレンタル可能な
「eichiii」が間もなくローンチ」
http://jp.techcrunch.com/2015/07/07/eichiii/
コレは便利。チームの話し合いの際などに活用したい!

「開幕、しまーす! 史上最大の機動戦士ガンダム展
「THE ART OF GUNDAM」六本木に立つ」
http://www.gizmodo.jp/2015/07/_the_art_of_gundam.html
大気圏突入を体験できる特設シアター…ワクワクが止まりません。

「【意外と使えるらしい】捨てるはずのハーゲンダッツの
「フタ」が万能すぎる」
http://corobuzz.com/archives/31013
斬新な発想に思わずクスリ。こういう意外なアイデアが好きです。

そしてシメのニュースはコレ。
http://corobuzz.com/archives/32310
癒やされましたでしょうか。

今週も、誠にありがとうございました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top