株式会社要

株式会社要

第18回TNMコラム Shapewaysの魅力

いつもTMNコラムをご愛読いただきましてありがとうございます。今週の担当は私、中野が担当させていただきます。

都内でもそろそろ梅雨の季節に入り、湿気でジメジメして気分まで落ち込みがちになりそうですね。今回は、そんな空気も吹き飛ばす面白いサービスをご紹介したいと思います。

最近ニュースのキーワードとして度々登場する3Dプリンタ。その3Dプリンタを使った画期的なサービス、“Shapeways“を取り上げたいと思います。3Dプリンタといえば、3Dプリンタとは、仮想で作られた3Dデータをリアルに物体化にしてくれるもの、つまりPC上の3Dモデリングソフトで作ったデータでしかないものを手にすることができる代物です。

もちろん、3Dプリンタの性能や物理的な制限はあるが、基本的にはどんなデータでも実物の立体形でモデリングできるようになっています。そのため、今までプロが膨大な時間を掛けて作るようなものや工場で大量生産するようなものでも、PCとデータ、そして3Dプリンタがあれば誰でも手軽に同じものを大量生産できるようになりました。

とはいっても、3Dプリンタの価格はまだまだ安いものではなく、家庭用の10万円前後のものから、業務用の5000万円前後のものまであり、いわゆるピンキリではあります。

現状の3Dプリンタの価格では一個人が気軽に購入できるものではない、、、
自分で作った3Dデータを商品にして販売したい、、、
市販の商品では欲しいものが見つからない、、、

こんな悩みが一括で解消されるサービスがShapewaysなのであります。日本ではまだ馴染みのないサービスなので簡単にご説明させていただきます。Shapewaysはアメリカのニューヨークを拠点とする3Dプリントサービスで、個人で作成したのオリジナル商品を販売、購入できるウェブ市場なのです。このサイトのおかげで、「こんな商品探しているんだけど、お店では絶対売ってないよな、、、」なんてものが実際に買えちゃう時代になってしました。しかも、他では買えない1点ものが購入可能なのです。

販売側は一度アップしたデータは需要がある限り半永久的に生産することができますので、海外ではすでに自身で作成したデータで商売として実際に生計を立てている人がいるぐらいですから驚きですね。

日本国内でもこんな有益なサービスを行うサイトが是非ほしいですね。しかしShapewaysを見ていれば遠い未来の話ではない感じもしますね。みなさんはどのように感じられるでしょうか?また次回も画期的な話題をご紹介できればと思います。
http://www.shapeways.com/

TNM中野

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top