株式会社要

株式会社要

ネットワークのお話

どーも毎週木曜日更新のTNMコラムです(^o^)/

 

今回はリーダーのこうきがお送りします!!

 

さてさて皆さんはネットワークって言われて何を1番最初に思い浮かべますか?

 

メールとか情報とかインターネットとかそういった回答が多いかと思います。

 

僕らが利用するこれらって自分の端末から色んなとこにどう繋がってるかイメージわきます?

 

わかない人のために簡単なネットワークの仕組みを記事にしていこうかと思います。

 

今回はEメールについてお送りします。

 

Eメールを送信するときに必要なのって何でしょう?

 

そうアドレスです!

 

いわば送付先の住所みたいなものです。

 

そのアドレスまでにどういった経路を辿ってメールが届くか…

 

ちょっと考えてみて下さい。

 

僕らが手紙を送る時一旦ポストへ投函しますよね?そのポストから色んな郵便局を渡され最終的に相手の元に届くそんな感じで手紙がやりとりされるように実はEメールも送られています。

 

先ほどいったアドレスについて

 

実は2種のアドレスが使われています。

まず相手の送り先、いわば最終的な宛先をIPアドレスと言います。これはわりかし普段聞く事もおおいかもですが次に紹介するのはMACアドレスです。

 

これは何かと言われると次のあて先のアドレス、つまりIPアドレスに行くまでのアドレスです。

郵便でいえば「ポストに投函してA支店からB支店を経由し相手に手紙が届けられます。」この中の「A支店からB支店」の部分がMACアドレスです。

 

つまりこのMACアドレスが経路の次の行き先をIPアドレスが最終的な行き先を示して初めてEメールが送られる経路が出来上がります。

 

長くなりましたので今日のところはこのくらいにしときましょう

 

次回はこの経路がどう決定されるのかを書ければいいなーと思います。

 

最後までお読みいただいてありがとうございますm(_ _)m

 

Bye

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top