株式会社要

株式会社要

沖縄の若い血から教えてもらった「飛び込む勇気!」

はいさ〜い。

というわけで、月に一度の全社の集まりであるKANAMEETINGに

沖縄の大学生である宮城省吾くんをお招きして、

シリコンバレーの米国IT企業の視察レポートをプレゼンしていただきました。

さて、この宮城くんは、沖縄の次世代リーダーを育てようという「Ryukyufrogs(琉球フロッグス)」の選抜メンバーであり、

昨年夏、10日間の研修ツアーに参加した優秀な学生さんなんです。

その体験をKANAME社員の前で披露していただいたわけ。

いやぁ、その報告は素晴らしいものでした。

GoogleやTwitterやテスラモーターズのスライドと宮城くんの体験談に、心が躍りました。

驚いたのが、あのジョブスの伝説のスピーチでも有名なスタンフォード大学。

スタンフォード大学(wikipedia)

キャンパスの大きさは、東京杉並区と同じサイズ、ディズニーランド60個分とか!

なんとキャンパスの中にゴルフ場まであるらしいのです!

(調べるとタイガーウッズも在籍していました。)

もう、スケールが違いますな。

アメリカの大学は!

もう、シリコンバレーの話は尽きませんでした。

ちなみにギズモードJAPANのライターもしているという将来有望なお方。

 

ところで何で東京に?

さて、そんな宮城くんが今回、東京に来ることになったのは、一本のFacebookのメッセージがきっかけでした。

GooglGlassのアプリを開発している宮城くんが「ちょっと知りたいことが。。。」とKANAMEにメッセージをくれました。

見ず知らずの方からの一本のメッセージ。

本当にそれだけの関係でした。

そして、何度かメッセージをやるとりしているうちに「東京に遊びにくれば?」という私の軽い誘いに乗って、

上京が実現したというわけなんです。

宮城省吾くんと

食事しているときに宮城くんに訪ねました。

「見知らぬおじさんの誘いに恐怖感はなかったの?」と。

彼はキッパリ言いました。

「仮にリスクがあったとしても、何かが得られるかもしれないというワクワクがあったから、飛び込んできました」と。

「そして、今までにも感動するような出来事に遭遇することがあったから、きっとうまくいくだろうと思うんです」と。

とってもポジティブで素敵な考えですよね。

私も社員も彼からパワーをもらった気がします。

そういえば、沖縄にはパワースポットが多いしね。

 

いやぁ、それにしても沖縄の方は、お酒が強い。。。

何時になっても変わらぬテンションでケロッとしています。

私も頑張って、夜中までお付き合いさせていただきました。

キスケくんは朝の5時まで。(さすがに次の日死んでいましたがw)

 

そんな宮城くんの夢はデッカイぞ!

宮城くんの夢は「沖縄でF1グランプリを開くこと!

ウオーーー!

普天間基地が移設したら滑走路をホームストレートにするってさ!

ハンパじゃないぜ、こりゃ!

あと、「月面にデータセンターを構築すること!

ドヒャー!

それから、それから。。。

うーん、また朝まで話がつきないね、きっと。

何年か後に、また会おう!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top