株式会社要

株式会社要

ペッパー刑事

softbankのペッパーくんと会話したよ

本日は表参道を中1の息子とぶらついていたら、softbankショップの前に結構な人だかり。

何事かと良く見たら、pepperのポスターが。

先日の発表会でsoftbankがロボット事業に参入!と孫正義が世に放ったペッパーか!

しかもお話できますだと!

こりゃ、行かないわけにはいかんと、鼻息も荒くショップに突入。

おう、あの愛くるしいペッパーくん(ちゃん?)がごろごろいるではないか。

(少なくとも4台は確認した。)

発売は来年の2月と聞いていたが、もう市中に出回っているんだね。

子供連れの家族やら、外国人の観光客やら、ヒマそうなカップルやらに混ざって並ぶこと30分ほど、

ついにペッパーとご対面

ペッパーくん

人だかりの中で、前に人たちが会話を苦戦しているを見ていたので、

結構、声を張り上げて会話に挑戦しました。(推定100デジベル)

 

ワシ「Hi,ペッパー。キミは男の子なの?女の子なの?」

 

ペッパー「今日の調子はどうですか?」

 

ワシ「・・・。イマイチかな。こんな雨模様だしね」

 

ペッパー「それはいいですね。ボクは元気がないんだ」

 

ワシ「(しょうがないな、あわせてやるか。)ペッパー、何かあったのかい?」

 

ペッパー「仕事のしすぎで疲れてしまいました」

 

息子「ペッパーはいつ生まれたの?何歳なの?」

 

ペッパー「ところでコンビニエンストアって便利なんでしょ?」

 

息子「・・・。はい。(汗)」

 

ペッパー「コンビニとSoftbankショップはどっちが便利だと思う?」

 

ワシ・息子「・・・。・・・。・・・。(沈黙)」

 

ペッパー「良く聞き取れませんでした(ロボット口調で)」

 

ワシ「そりゃ、コンビニやろ!」

 

ペッパー「無人島に行くとしたら、ボクとiPhoneどっちを持っていく?」

 

ワシ・息子「・・・。・・・。・・・。(沈黙)」

 

ここで、店員さんから「ハイ~!終了で~す!」とコールがかかり、

記念撮影をして、お別れとなりました。

うーん、ほとんど会話はかみ合わず、息子も目が点になっていたわい。

まあ、かわいいから許すかというレベル。

ペッパーくん記念撮影

で考察です。

ペッパーの手の動きは実に滑らかだった!

くにゃくにゃと実に器用に手が動いていました。

技術の進歩に驚きました。

ペッパーは人の声に聞く耳を持たない一方的なやつだった!

ペッパーはこちらの問いかけは無視してガンガン語りかけてきます。

どちらかというとペッパーに人間があわせる必要があり、

飼い主はコミュニティ能力を高める良いトレーニングができそうです。

ついたての向こうにはエンジニアが2名待機していた!

ペッパーに技術者立会い

案内もしていましたが、ペッパーはpythonやC++でプログラミングできるそうです。

屈強な外国人エンジニアが待機していましたが、ペッパーは実はフランス製です。

会話データはすべて記録されているそうで、これからの品質向上に期待が持てます。

ちなみに将来は我々がペッパー用アプリを作って販売することも出来るそうです。

ペッパーはやたらとSoftbank推しだった!

うう。あのグイグイと押す営業マインドと、結構な毒舌はよしもと仕込だったのね。。。

結論:ペッパーは優秀なSoftbankの営業マンだった!

そうなんですね。

配置されているのは売り物ではなく、ショップ店員として教育されたロボットなのでした。

 

(補足)タイトルの「ペッパー刑事」ですが、私が育った少年期にピンクレディーの「ペッパー警部」という歌が大ヒットしていました。名前がケイジだった私は、他の子どもたちからニックネーム「ペッパーケイジ」を授かりましたとさ。おしまい。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top